23区119番つながらず

3月4日、東京消防庁の119番が繋がらないという事態があったそうです。
年度が変わる前にシステムの変更や様式の変更がある会社も多いと思います。何かを変更する際は入念なテスト、データのバックアップだけでなく、バックアップシステムの構築と緊急事態時のプラン策定をお忘れなく。

 東京消防庁は4日、同日午前11時23分ごろから9分間、23区内からの119番がつながらなくなるトラブルがあったと発表した。復旧後の通報内容などから、同庁はこの間に重症者の通報はなく、生命に関わる出動の遅れはなかったとしているが、詳しい原因を調べている。

 同庁によると、総合指令室の職員が、119番通報に基づき各消防署に指令を出すタッチパネルが反応しないことに気付き、トラブルが発覚した。バックアップ用のシステムに切り替えて復旧させた。

 東京消防庁では先月25日、指令管制システムを12年ぶりに更新したばかりといい、メーカー側と原因を調査している。記者会見した同庁の荒井伸幸・総務部長は「通報していただいた皆様にご迷惑とご心配をおかけし、心からおわび申し上げる」と陳謝した。

出典元:毎日新聞

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP