マーケティングとは <ドラッカー>

マーケティングとは「顧客というものをよく知って理解し、製品(サービス)が『顧客にぴったりと合って』、ひとりでに『売れてしまう』ようにすること」。

ドラッカーがマーケティングを定義したのが1950年代半ばですので、半世紀以上前にすでに顧客志向という考え方が提唱されていたということになります。

人気ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP