弥生(3月)の由来

まもなく3月ですが、陰暦では弥生(やよい)と言います。陰暦の月にはそれぞれ意味があります。

弥生はいよいよ(弥弥)植物も本格的に活動しはじめる季節となり、新しい事が始まる期待がわく時期という意味です。

スピーチでは、新しい事に向けてさまざまな準備を行っていくということと、古い事(今現在の仕事)をきっちりと終わらせるというようなことを言って締めるといいのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP