トラフグ「肝」食べた5人入院 料理店「要望され提供」

事件の概要

2月27日、和歌山県の料理店でトラフグの肝臓を食べた40~50代の男性5人が嘔吐(おうと)や呼吸困難など食中毒の症状を訴え入院したという事件。

男性らは2月27日夕、創作料理店で、肝臓を含むフグのコース料理を食べ、翌28日未明に症状を訴えて市内の医療機関に搬送された。

トラフグの肝臓は毒を含むため提供が禁じられているが、男性たちから要望され提供したという。

創作料理店は1日から5日間の営業停止となった。

事件のポイント

  • 料理店はフグの調理免許を持っているプロ
  • トラフグの肝臓は毒を含むため提供が禁じられている
  • 客から要望され提供
  • 結果、食中毒で営業停止

ショートスピーチでのポイント

  • プロとしての姿勢⇒できないことはできないということもプロとして必要。
  • コンプライアンス⇒事業として法律・規則を守ること など

これらと絡めるとスピーチとして纏まるのではないでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP