サクラにまつわるスピーチ例

eae121b2ac6464dcdb9d2450fc052260_s桜の季節に合わせたスピーチに使えるネタを紹介します。

桜のつぼみはいつできる?

桜は春に花が散った後、夏・秋と暖かい季節に花芽を作ります。そして冬が始まると一旦休眠に入り、一旦成長が止まります。その後さらに気温が下がり真冬になると厳しい寒さが目覚ましとなり、それから気温が上がるにつれて一気に生長し、つぼみがふくらんで花が咲きます。桜は一定期間低温にさらされた後に暖かくならないと、花が咲かない性質があります。

花を早く咲かせるには

岡山理科大学で卒業式に桜を咲かせようというイベントがあったそうです。イベントでは、桜を温室に入れることにより開花を早めるというもので、実際に卒業式に開花をしていたそうです。そのイベントでもっとも興味深かったことは、一部の桜の開花が遅れたこととその理由です

なぜ一部の開花が遅れたのか

開花が遅れた一部の花。その花には冬前にビニール袋がかぶせられていたそうです。つまり、冬の寒さを経験していなかったために休眠から目覚めることができなかったということらしいです。
詳しくは岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科のページで確認してください。

スピーチでは

この桜ネタを起承転結でスピーチにしてみます。スピーチではアレンジしてください。

最近暖かくなってきたこともあり、朝のニュースでも桜の開花情報が流れています。そこで今朝は桜の話をします。

ある大学で卒業式に間に合うように桜の開花を早めようというイベントがありました。そのイベントは、桜を温室に入れることにより開花を早めるというもので、実際に卒業式には開花をしていたそうです。そのイベントで私がもっとも興味深かったことは一部の桜の開花が遅れたこととその理由です。

開花が遅れた一部の花。その花には冬前にビニール袋がかぶせられていたそうです。つまり、冬の寒さを経験していなかったために休眠から目覚めることができなかったということらしいです。

桜は一定期間低温にさらされた後に暖かくならないと、花が咲かない性質があるそうです。今きれいな花を咲かせている桜は厳しい冬の寒さがあったからこそ咲いています。仕事では苦労をすることが多いと思います。しかし、桜のようなきれいな花を咲かせるためには厳しい寒さを経験しなければいけません。今苦労していること、これから経験する苦労は、成功するために必要なことなのだと思い、これからも仕事に打ち込みたいと思います。

 
人気ブログランキングへ
 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP