選挙の雑学

ニュースで今度行われる統一地方選挙の話題が取り上げられていますが、選挙に関する雑学を紹介します。

選挙で得票数が並んだ場合の当選者

公職選挙法第95条2項では、同じ得票数の場合は「選挙会において、選挙長がくじで定める」と定められています。
なお、「選挙長」には立候補者の届出受理や当選者を決定する役割があり、選挙管理委員長が選ばれることが多い。

くじでの落選者の特典

欠員が出た場合、次点候補者が繰り上げ当選となるのは通常3ヶ月(90日以内)だが、くじでの同得票数落選者は「任期中」、つまり衆院選の場合では4年間まで繰上げが有効。

実際の選挙では

1995(平成7)年の東京都豊島区議選で、最下位当選者が同得票数で並んだことがあり、公職選挙法通りに、選挙長がくじ引きで1人を当選、もう1人を落選とした。

 

人気ブログランキングへ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP