利休七則<千利休>

利休七則(りきゅうしちそく)は茶の湯の心構えです。

  1. 茶は服のよきように点て
  2. 炭は湯の沸くように置き
  3. 花は野にあるように
  4. 夏は涼しく冬は暖かに
  5. 刻限は早めに
  6. 降らずとも傘の用意
  7. 相客に心せよ

<意味>

  1. 技術だけに頼らず相手の気持ちになって行いましょう
  2. 段取りは本質を押さえて行いましょう
  3. 表現は本質を捉え簡潔に行いましょう
  4. 相手が快適と思うような工夫をしましょう
  5. ゆとりを持って行いましょう
  6. 備えあれば憂いなし
  7. 相手だけではなく同席した人にも気を配りましょう。

解釈はいろいろありますが、ビジネスに大いに通じる心構えです。
スピーチでは「このような心構えで仕事を行っていきたいと思います」といった感じで締めると良いのではないでしょうか。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP